VIO脱毛による肌荒れ対策でやるべ5つのこと

VIO脱毛 肌荒れ

夏場など露出が高くなるシーズンに向けて、VIO脱毛を希望する女性が増えてきます。水着や下着、ショートパンツスタイルを安心して楽しむ為にもおすすめですし、なにより衛生的に過ごすことができるので多くの女性がVIO脱毛を選んでいるのです。しかし、デリケートな部位に脱毛施術をするため、中には肌荒れなどのトラブルを引き起こす方も少なくありません。そこで、VIO脱毛による肌荒れ対策でやるべきことを、5つのポイントから見てみましょう。

まず一つ目は、施術前後の対象部位を清潔に保っておく事です。施術後は雑菌にも気をつけ、こまめに下着を交換したりシャワー・バスタイムにもきを配ります。二つ目は、施術後しばらくは、部位に無理な力を加えないことです。体質によっては処置のあと、多少の赤みや腫れが伴うこともあります。そんな時に、急いでお洒落な下着や水着で刺激しては部位の沈静化を遅らせてしまいます。三つ目にやるべきことは、施術後の患部をしっかり冷却することです。腫れや赤みはある程度の冷却によってずいぶん抑えることができます。そして四つ目は、保湿をしっかりすることです。毛穴が刺激を受けて一時的に乾燥しやすくなった肌には、化粧水や専用美容液を使って保湿を行います。最後に五つ目は、生理中は施術をさけることです。肌が敏感になっているときに処置を行うと、通常なら問題のない刺激でも肌トラブルの原因となります。

脱毛での肌荒れ対策ちゃんとしてる?VIO・デリケートゾーンの正しい保湿方法
ムダ毛をカミソリで処理すれば、簡単にムダ毛のお手入れができます。しかしカミソリは肌を傷つけ易いだけでなく、何度も肌を擦る事で気が付かない内に皮膚へダメージを与えている事があります。特にVIO周辺はデリケートなので、肌荒れを起しがちです。日頃から肌のトラブルの悩みを持つ人はVIO周囲の衛生面に気を配り、保湿対策を心がける必要があります。方法としては弱アルカリ性のボディーソープ等よりも肌に優しい弱酸性の石鹸を使用して汚れを落とします。更に保湿専用のクリームやワセリン等を使用すれば潤いを持続させ、肌荒れ防止に役立てる事ができます。リスクを伴うムダ毛の自己処理よりも、脱毛サロン等の専門家へ相談すれば、安全に短期間で済ませる事ができます。特に脱毛サロンの光脱毛は広範囲に特殊な光を照射する事でムダ毛を減らしていけます。VIOゾーン以外にもワキや足等の各部位ごとのコースを選択する事もできます。サロンでの処理は医療レーザー脱毛よりも痛みが少なく、安い費用で利用できるのが特徴です。更に店舗によりアフターケア等に違いがあります。独自に開発したオリジナルのローションや美容液を使用し、肌への負担を和らげるだけでなく、美肌をも得る事ができます。

▲ページトップに戻る