未成年の予約は可能?

未成年の予約

ミュゼの脱毛において、
大学生など未成年の予約は可能なの?
と気になる人もいると思います。

答えは、脱毛予約可能です。
しかし、条件があります。
同意書に親権者様の自筆での署名・捺印が必要となりますので、親権者様と一緒に来店する必要があります。
また、同伴できない場合は、カウンセリング時にもらう同意書を持ち帰り、後日、同意書をご持参いただいた際にご契約となります。

あらかじめ、確認しておきたいですね。

ミュゼの脱毛予約はトップページから



お久ぶりです。三日前から、学生時代の友人に誘われ、乗馬クラブに入会しました。とは言っても20年ぶりくらいで、身体は動かないし感覚もつかめません。さらに筋肉痛でいいことなしです。マメ知識を紹介します。この前の出来事だけどチューインガムの日が6月1日って知っていましたか?日本チューインガム協会が1994年に制定。平安時代 元日と6月1日に餅などの固いものを食べて健康を祈る歯固めの儀式があったことからというもの。それはそれでいいとして、エステ・美容・脱毛(エステサロン・ダイエット)の記事から。スキンケアの化粧品を使用する目的を。スキンケア用品を使って日々お肌の手入れをしていると思いますが、どうして化粧品を使う必要があるかご存知ですか。スキンケアに化粧品が重宝されるわけは3つです。それは、①外界の刺激から肌を守ること、②乾燥させないこと、③汚れを落とすことです。お肌は生来のダメージ修復作用がありますが、環境の変化や精神的な負担、加齢などの影響によってダメージからの回復が遅れ、張りを失ったり乾燥しやすくなるようです。肌へのダメージを抑え回復効果を高めるものが基礎化粧品です。洗顔料で顔をきれいに洗い、汚れを落としましょう。肌の状態や日頃の環境は人によって違いますので、オイル、ジェル、クリームなど様々な洗顔料から自分に合うものを探してください。スキンケアの目的は、肌の乾燥を防ぎ、保水力を高めることがあります。整肌料としての化粧品のほとんどは化粧水で、保湿目的のものや皮脂や汗の分泌を抑制する作用のあるものなど、いろいろなタイプがあります。トリートメント料として、乳液、保湿クリームなどを塗ります。スキンケアの一般的な方法はこのようなものになり、いずれも肌の健康を保つために使います。しかし、肌の手入れのと毎日スキンケアを施していたものの、方法が間違っていたということもあります。化粧品専門店のアドバイスを受ける、皮膚科の医師に話を聞くこ、スキンケア化粧品の選択には重要なことです。

▲ページトップに戻る